デリヘル

デリバリーヘルスとの比較

同じ出張型だけど大きく違う、デリヘルと風俗エステ

接客内容の違い

一番大きな違いは、フェラやスマタといったプレイがあるかないかという事ではないでしょうか。
デリヘルではお客様に「性交類似行為」というプレイをすることが接客となりますが、風俗エステでは「エステに手コキがある」といった感じ。
だから風俗エステには女性が受け身になるようなプレイは存在しません。
女性の性感を高める行為は一切ありませんので、乳首を舐められたり、アソコを舐められたり、指を入れられることもありません。
もちろんフェラやスマタといったプレイもありませんので、身体の負担はかなり軽減されることかと思います。

お客様の求める事の違い

デリヘルでは「性交類似行為」がメインですから、お客様も一緒に気持ちよくなって興奮したいと思っています。
ですから女の子を攻めたがるお客様がほとんど。
だけど風俗エステでは、あくまでもマッサージというかエステがメイン。
お客様が疲れを取りながら癒しを求めてやってきます。
だからエッチなことがメインのデリヘルと違って、おとなしいお客様が多い。
それにセラピストが流れをコントロールしていますから、安心して接客をすることが出来るわけです。

性病リスクの違い

デリヘルでは基本フェラやスマタといった濃厚な粘膜接触がありますけど、風俗エステにはありません。
だから性病リスクはほとんどないと考えていいわけです。
オプションのキスも性病のリスクは0ではありませんが、そんなに喉の奥まで菌が届くわけでもなく、比較的安全です。
またうがい薬で殺菌できる範囲での接触であること、お互いにうがい薬でうがい後にすることで0に近づいていきます。

受け身が得意ならデリ、苦手なら風俗エステ

正直受け身に抵抗がなくて、どちらかと言えば攻められてる方が楽って方なら、エステよりデリヘルかも知れません。
エステは自分が一生懸命施術することでお客様に満足して頂く仕事。
デリヘルは一緒に気持ち良くなってあげられるなら、リピートも期待できるでしょう。
過激なプレイや自分の性癖にあったコンセプトのお店があれば、きっと稼げます。
そういうのが無理、だけど効率よく稼ぎたい、そんな女性は是非お問い合わせくださいませ。

関連記事一覧