メンズエステ

メンズエステ(非風俗)との比較

メンズエステ(非風俗)との違い

お部屋がないから出勤に制限なし。

非風俗のメンズエステは、多くがマンションの1室で営業しています。
ワンルームタイプであったり、3LDKなどで複数のルームを持つ店舗もあります。
風俗エステの場合、風営法上ルームは持つことができません。
だから必然的にデリバリー型(出張型)のサービスとなります。

お部屋の数はお店によって上限が決まっています。
だから出勤したいという女性が多いと、出勤制限をかけることになります。
多くても少なくてもダメ。だから出勤調整が大変なんです。
働きたい時も休みたい時も大体かぶるものです。
お店によって基準は違いますが、重なった場合は誰かが休まなくてはなりません。

お部屋のセットが不要

非風俗のメンズエステの場合、多くのお店でお部屋の清掃やセットはセラピストのお仕事。
接客が終わったらお部屋を掃除して、次のお客様のために準備しなければなりません。
営業終了時にタオルを洗濯して乾燥機に入れる、など残業させられることもあるそうです。

風俗エステは基本ホテルでの接客ですから、お掃除やセットは不要。
タオルはスタッフが洗濯して準備しています。
だからセラピストは接客以外のことをする必要なし。
これ結構大きな違いになってきます。

健全店と言いながら・・・

非風俗のメンズエステでは、性的なサービスは風営法上一切できません。
しかしお客様の多くは「風俗店」という認識でメンズエステに来店します。
広告で胸元をはだけた写真や下着に近い格好の写真、セクシーな写メ日記なんか掲載してればそうなります。
だからヌキなしのお店に来て、ヌイてくれというお客様が増えるんですよね。

現状多くのお店が風営法違反でいつ摘発されてもおかしくない状況のまま営業しています。
近所でお店が摘発されたりした途端、営業方針を変更できるのでしょうか?
そんなお店で働くのは非常に危険ですよね。

1本の単価が違う

元々メンズエステは比較的お値段控えめ、だからバックも安いです。
60分だと9,000円ぐらいで、お店との取り分55:45で5,000円ぐらいが相場でしょうか。
多少上下はあるでしょうけど、だいたいそれぐらいだと聞きます。
プレミアムスタイルは50分10,000円でセラピストのバックが7,000円。なんとバック70%。
70分コースも、割引なければ62.5%バックですが、実際は会員様価格、WEB予約、ポイント利用など割引すると77%バックになってます。

正直同じ時間で稼げる金額が2~3倍になるんだから、これは大きな違いですよね。
効率よく稼ぐなら、断然風俗エステじゃないかと思います。

関連記事一覧